生活保護者のデメリット

申請する前に知っておきたい、生活保護者になることのデメリットとは?

生活に苦しくなったときに「すぐにお金が欲しい」「働かずに収入を得たい」など

様々なケースの相談を受けることが多くあります。

少し考えてみましょう、収入は一定で安定していますが下記のデメリットがあります。

【生活保護を受ける際のデメリット】

■金銭的に関わってくるもの

・貯金ができない

仕事をしたり、ギャンブルなどで収入を得たとしても貯金することができません。

収入を増やした時に、生活保護費の減額や支給が停止されたりといったこともあります。

・借金や借入ができなくなる

生活保護でお金を受給するとローンや借入ができなくなります。

・臨時収入などは申請し返還する必要がある

競馬やギャンブルなどで得た臨時収入も対象となり、申請し返還の対象となります。

■生活保護を受けることにより生活に影響するデメリット

・周りの目が気になる

ケースワーカーによる定期的な指導があり、自宅を訪問されることになります。

重要なプライバシーではありますが、生活保護を受給されている方からは

やはり周囲の目が気になるとお話される方が多いです。

情報が漏洩しないようにケースワーカーは注意を払っていますが

本人からすると生活保護を受けることによる影響は計り知れません。

・申告やケースワーカーの指導など、日常生活以外の手間が煩雑

毎月の収支の申告義務が必要になっており、収入をごまかしたり申告を

しなかったりすると場合によっては生活保護を外される恐れがあります。

・退屈な日々が待っている

ここが生活保護者にとってもっとも重要だと言われています。

これまでの収入や生活に戻したい方・将来的に子供の養育費や

広い家に住みたくても貯金ができなかったり家賃上限があるので

好きな賃貸に住むことができないなどの弊害があります。

これらのデメリットから生活保護の申請をされるまえに

収入をあげながら生活を安定させる方法を見つけることも

大切だといえます。

生活に困らない、すぐに始められるお仕事

きれいな個室の寮や生活必需品が支給される優良求人あり

きれいな個室の寮と安定した収入が得られる求人

生活必需品完備、はじめのお給料が支給されるまで最短5営業日。

それまでの食事など会社が現物支給してくれる求人。

更新日:

Copyright© 生活保護を検討中の方へ , 2019 All Rights Reserved.